読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Browser

Microsoft Edge(Project Spartan, Internet Explorer) 、ブラウザ周辺、Web フロントエンド開発、UI、など

Microsoft Edge まとめページ

デザインから見た日本の Progressive Web Apps における問題点

雑記
問題点

いろいろあるが一番の問題はオフライン時のフォント。

そもそも標準の Android の Chrome の場合はフォントが Noto Sans のみであり明朝体が選べない。

本のような見た目のアプリなど明朝体を使用したい可能性もあり、使う場合はどこかでダウンロードする必要がある。

Google Fonts に和文のフォントはないのでフリーのものを使うしかない。

また、和文のフォントは WOFF 2.0 でも、そこそこのファイスサイズがあり、サイトごとにダウンロードするのは無駄である。

 

商用版 Web フォントなどライセンスの関係上、確実にフォントをキャッシュすることができない。

となると、オンライン時とオフライン時で見た目で異なるアプリとなってしまう。

 

Chromebook など Chrome OS の場合、直にフォントを入れることができない。

そもそも、ライセンス契約に書かれているインストールできる端末は Windows か Mac だろうし。

 

まとめ

  • Android のシステムフォントが少ない。
  • Web フォントのファイルサイズが大きい。
  • 商用フォントはライセンス上端末に保存する為、難しいかも?

 

希望というか要望

  • Google さんで和文フォントを増やしてほしい
  • Chrome 内でダウンロードしたフォントを共有できる仕組みがほしい 
  • Chrome 内部でフォントフォルダを持つか、パーミッションか何かで OS のフォントフォルダにフォントをインストールできるシステムがほしい。

 

ちなみに商用の和文の Web Font

FONTPLUS

webfont.fontplus.jp

 

TypeSquare(モリサワ)

typesquare.com

 

DynaFont Online

DynaFont Online

スポンサーリンク