読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Browser

Microsoft Edge(Project Spartan, Internet Explorer) 、ブラウザ周辺、Web フロントエンド開発、UI、など

Microsoft Edge まとめページ

プラットフォームの状態 - 2016年8月4日の変更

Microsoft Edge Platform Status 開発

変更がありましたので書きました。

 

いつもの参照元

dev.windows.com

前回調べた日付は7月21日です。

 

Windows 10 Anniversary Update で実装されたもの

  • Array.prototype.includes (ES2016)
  • Beacon
  • Canvas 2D path2D
  • Color input type
  • <data> Element
  • Default parameter (ES6)
  • Exponentiation Operator (ES2016)
  • Fetch API
  • FIDO 2.0 Web APIs
  • Generators (ES6)
  • Opus Audio Playback
  • <output> Element
  • <time> Element
  • VP9 Video Playback
  • Web Notifications
  • Web Speech API (synthesis)
  • WOFF File Format 2.0

 

プレビューになったもの

  • RegExp Built-ins (ES6)

 

開発中になったもの

  • Web Speech API (input)

 

検討中になったもの

  • Touch-action: pan-up pan-down pan-left pan-right CSS properties

 

まとめ

プレビューで残ったのは今回新規に増えた RegExp Built-ins (ES6) を除くと 5 つです。

  • Ambient Light Events
  • Async Functions (ES2016)
  • Destructuring (ES6)
  • Modules (ES6)
  • SIMD (ES7)

 

かなりの機能が実装されたことになります。
また、Web Speech API (input) が開発中になりましたので、そのうち Edge から音声で文字入力できるようになるかもしれません。

スポンサーリンク