読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Browser

Microsoft Edge(Project Spartan, Internet Explorer) 、ブラウザ周辺、Web フロントエンド開発、UI、など

Microsoft Edge まとめページ

Microsoft Edge の変更ログ - Windows 10 Insider Preview Build 14342

今回は若干機能追加があります。

 

いつもの参照元

https://developer.microsoft.com/ja-jp/microsoft-edge/platform/changelog/desktop/14342/developer.microsoft.com

 

追加機能・改善

  • 左右スワイプのジェスチャで、ページの戻る、進むができるようになる
  • 拡張機能が Windows Store から入手可能に
  • AdBlock、AdBlock Plus、Pinterest の拡張機能が増えた。
  • WebGL のバージョンが 0.96 に。さらに今回のビルドで 1.00 に

  

Web Platform

about:flags のチェックで動作するもの
  • Web Notifications API
  • Beacon Interface
  • Fetch API
パフォーマンスが改善されたもの
  • rame.contentDocument
  • iframe.contentWindow
  • scriptElement.src
  • requestAnimationFrame and overhead of callbacks
開発中、検討中に変わったもの
  • Web Assembly (MVP)
  • Intersection Observer

 

バグ・問題

今回は記載なし

 

User Agent

旧 - Windows 10 Insider Preview Build 14332
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/48.0.2564.82 Safari/537.36 Edge/14.14332

新 - Windows 10 Insider Preview Build 14342
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/48.0.2564.82 Safari/537.36 Edge/14.14342

 

前回との違いは Chrome と Edge のバージョンです。

Build Edge
Build 14332 Edge/14.14332
Build 14342 Edge/14.14342

 

ブラウザ バージョン

Microsoft Edge 38.14342.1000.0
Microsoft EdgeHTML 14.14342

   

変更点詳細

スワイプジェスチャによる「戻る」「進む」機能

f:id:x67x6fx74x6f:20160512034411g:plain

Windows Phone の IE であった機能の復活。
次回 Build の Windows 10 Mobile の Edge でも同等の機能が搭載されるらしいです。

上の GIF アニメですが、ページ内コンテンツの横スクロールのと誤動作防止のためか、かなり深くスワイプしないと機能してくれない模様。

 

WebGL 1.0

WebGL が 1.0 になりました。

Aliased Point Size Range や Max Varying Vectors、Max Uniform Vectors が非力なだったり、WebGL 拡張機能の OES_texture_half_float など使えませんが
これで WebGL のライブラリ three.js のサンプルのほとんどが動くようになるでしょう。

スポンサーリンク