読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Browser

Microsoft Edge(Project Spartan, Internet Explorer) 、ブラウザ周辺、Web フロントエンド開発、UI、など

Microsoft Edge まとめページ

Microsoft Edge で WebM、VP9、Opus がサポート

Change log や Status、 about:flags の内容を見るとわかるように、
EdgeHTML 14.14291 から、WebM コンテナと VP9 ビデオコーデック、Opus オーディオコーデックがサポートされました。
次期アップデートの Windows 10 Anniversary Update で正式に使用できると思われます。

参照元

blogs.windows.com

 

VP9 と WebM はオープンソースのプロジェクトで Google が高品質なウェブ向けビデオフォーマットとして開発。
Flash の FLV などで使われていた On2 を Google が買収し現在は YouTube で使用しています。

Opus オーディオコーデックは高品質の再生実現し、帯域幅の使用効率の高い。 WebM でのプライマリーオーディオコーデックです。

共に 4K のコンテンツ配信や ORTC(Object Real-Time Communications)を使用したプラグインフリーの Skype for Web でビデオ、音声チャットを使用するために実装したのでしょう。

 

VP9 と Opus パフォーマンス

VP9

ソフトウエアデコード、DXVA(DirectX Video Acceleration) によるハードウエアアクセラレーションによるデコードサポートをサポートしているそうで、 下のグラフはミドルレンジのラップトップでの結果だそうです。

デコード時の電力消費

f:id:x67x6fx74x6f:20160421191246p:plain  

バッテリー消費

f:id:x67x6fx74x6f:20160421191255p:plain  

480 から HD の 1080 間の動画解像度ではその差は微々たるものだが、4K でのパフォーマンスよく、 4K 以降の解像度でも期待できそうな感じがします。
また、現段階で Mobile の方では VP9 はサポートされていないようです。

 

Opus

こちらはハードウエアでのデコードをサポートしていないようです。
そのためか、Windows 10、Windows 10 Mobile で使用できるようです。

   

VP9 と Opus の設定

アドレスバーに about:flags を入力し開発者設定の中にあります。

 

デフォルト値

コーデック 設定値
Opus 有効
VP9 Automatic

 

VP9 のセレクタ

  • Automatic はハードウエアアクセラレーションが使用できる場合に VP9 を有効
  • Always On は常に VP9 を有効
  • Always OFF は常に VP9 を無効

 

JavaScript で使用可能か調べる

MediaSource.isTypeSupported() で調べることができるようで、ブール値(boolean)を返します。

MediaSource.isTypeSupported('video/webm; codecs="vp9"')
MediaSource.isTypeSupported('video/webm; codecs="vp9, opus"')
MediaSource.isTypeSupported('video/webm; codecs="opus"')
MediaSource.isTypeSupported('audio/webm; codecs="opus"')

使用できるのは以上の4つですが、現状の Windows 10 Mobile では VP9 は false が返り、Always On の状態でもなります。

   

その他

Edge の video タグのコントロールが、未だに Windows 8 の UI なので 10 ものに変えてほしいです。

Edge でのコントロール

f:id:x67x6fx74x6f:20160421165359p:plain

Windows 10 のアプリでのコントロール

f:id:x67x6fx74x6f:20160421192311p:plain

スポンサーリンク