読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Browser

Microsoft Edge(Project Spartan, Internet Explorer) 、ブラウザ周辺、Web フロントエンド開発、UI、など

Microsoft Edge まとめページ

Microsoft Edge 開発側から見た 2015 年の振り返り + Microsoft Edge Web Summit 2016

今回の参照元
blogs.windows.com

長いのでかなり抜粋

 

Internet Explorer 1.0 から20周年で新しいブラウザ Microsoft Edge を作成。
わずか5か月で デスクトップ、ラップトップ、タブレット、Windows Phone、Xbox One で動くブラウザを提供し、2億台以上のデバイスで動くことなった。

 

2014年に Windows 10 用の新しいエンジンを考え、セキュリティの向上、最新の Web 技術のインターオペラビリティ(相互運用性:他のブラウザでも動く機能?)と信頼性のある下位互換性をもたせようとした。
その年の後半に EdgeHTML の最初のプレビュー。
従来のドキュメントモードの廃止や ActiveX のような固有技術のサポートを終了し、相互運用可能な API を使用できるようにし最新のブラウザを目指した。

 

旧エンジン Trident に対して EdgeHTML が行ったこと

  • API を約 1200 追加
  • 約 1000 を削除
  • 5,000 以上のインターオペラビリティを修正

 

Web 開発者が楽できるためには2つのてこ入れ

  • ブラウザ間で使える機能が違うため Web 標準の仕様に合わせる
  • 機能の呼び出しが異なる為、相互運用可能な API を増やす

 

Google Chrome 48 に対して IE 11 では API の 4076 を共有しており、
Edge では 4724。
IE 11 と比べて Edge は 16% 共有率があがっている

 

Apple Safari 9 に対して IE 11 では API の 3769 を共有しており、
Edge では 4157。
IE 11 と比べて Edge は 16% 共有率があがっている

 

Traident をフォークした後の EdgeHTML は Web 互換性が下回るも、IE 固有の機能を取り外しや、各種バグ修正を行い改善。
11月の Build 10586、EdgeHTML 13 ではさらに成長した。

 

新しい機能の追加を行っており、、ObjectRTC、asm.js などはほんの数か月で実装ををこなっている。

 

開発の段階からの進捗状況を追跡できるプラットフォームの状態を公開している

f:id:x67x6fx74x6f:20160122200730p:plain

  

HTML5test.com では2015年に登場した Edge だが高い位置にある

f:id:x67x6fx74x6f:20160122200617p:plain

 

また、ES6 機能については Edge がが最も高いスコアは出している

f:id:x67x6fx74x6f:20160122200635p:plain

 

Edge はオープンな状態で開発しており プラットフォームの状態User Voice で意見を募っている。
また、Web 開発者向けのドキュメントや JavaScript エンジン ChakraCore などをオープン化した

Edge の公式ブログでは変更履歴など 50 近い記事を投稿している。

 

Microsoft Edge Web Summit

去年と同じように build 2016 ちょっと後の 4月4日に行われる。

blogs.windows.com

前回は公開されていないセッションもあったので、もしお金があったら行ってみたい。

スポンサーリンク