読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Browser

Microsoft Edge(Project Spartan, Internet Explorer) 、ブラウザ周辺、Web フロントエンド開発、UI、など

Microsoft Edge まとめページ

Microsoft Edge の機能を調べてみた - Iterator/for-of 編

Microsoft Edge の JavaScript で Symbol.iterator を使い for-of でオブジェクトの内容を列挙する命令が追加されました。
for-of は Symbol.iterator に対応している型である必要があり、その点だけは注意が必要です。

 

for-in の場合

 

for-of の場合

 

 

他の型も試してみる

Edge で使用できる型は Array, TypedArray, String, Map, Set で、すでに上で String を使っていますので、それ以外を試しています。
WeakSet, WeakMap, Object は動きませんが一応書いてみました。

 

まとめ

for-in と比べると添え字無しでアクセスできるため見た目が簡素になります。

スポンサーリンク